MENU

福祉系の資格試験について

医学生

資格を取得するために

社会福祉士の国家試験に合格をすると、高齢者は身体障害者の生活上のサポートをすることが可能になります。また障がい者などが、適切な社会保障制度を受け取るために、知識面でもアドバイスをすることが出来ます。社会福祉士の国家試験を受験するためには、原則として福祉系の4年生大学を卒業する必要があります。新潟にも多くの社会福祉士の有資格者が存在します。社会福祉士は難易度が高い国家試験であるために、大学時代はしっかりと授業に出席をして、勉強をする必要があります。新潟在住の人が福祉系大学に通う方法として、仙台や東京に上京をする人もいます。また通信教育で、社会福祉士の勉強が可能な大学も存在します。このような通信大学を選ぶと、新潟在住の人や子育てなどで忙しい人であっても、社会福祉士の資格を取得することが可能となります。福祉系大学では、座学だけではなく実際に高齢者施設などの研修授業もあります。このような授業を履修することによって、教科書だけでは学べない高齢者のニーズなどを学ぶことが出来ます。また新潟には、社会福祉士の国家試験に対応した資格試験予備校があります。このような資格試験予備校は、テキストや演習問題など、国家試験に合格するために合理的に作成されているために、効率的な勉強が可能です。また福祉系の大学では同じ目標を持つ仲間に恵まれる事が多いために、社会福祉士の国家試験を受験する上で、大きなモチベーションとなります。